腰痛の痛みの原因と改善する方法

腰痛の痛みの原因となるものとは?

腰痛は老若男女問わず、多くの方が一度は悩みを抱えたことがある症状です。

痛みの症状も原因も人それぞれですが、腰痛は病名ではありません。

そして腰痛の対処法も痛みの原因によって変わってくるので、数多く存在します。

人間の体は脊柱(せきちゅう)という1本の柱のようなもので支えられています。

いわゆる背骨です。

そして脊柱(せきちゅう)は5種類の椎骨(ついこつ)と呼ばれる骨が連なって出来ています。

横からみると綺麗なS字カーブ。

このS字カーブは、体のバランスを取るうえでとても重要な役割を果たしています。

そのS字のバランスが崩れると腰痛や凝りを引き起こす原因と言われています。

また、脊柱には多くの神経も通っていて体の様々な所へと伸びています。

この神経系が障害をきたして腰痛を引き起こす原因となる場合もあるそうです。

また近年は様々な自律神経の乱れが原因となる自律神経失調症からの腰痛も増えているようです。

主な原因からくる腰痛の特徴

  • 筋肉からくる腰痛

  • 前屈や腰回りの筋肉に力を入れた際に痛みを感じる。

    マッサージしたり、温めたりすることで痛みを和らげることできる

  • 椎間板、椎間関節からくる腰痛

  • 椎間板は、前に体を倒し、元に戻ろうとした動作で痛みを感じる。

    椎間関節の場合は後ろに反ったり、捻る動作で痛みを感じる。

  • 神経からくる腰痛

腰痛に加え、ひざ下や足がしびれたり、力が入りにくいといった症状が現れる。

筋肉が原因の腰痛は、日ごろからのマッサージなどで予防や症状の改善が見込める場合も。

椎間板や神経が原因の腰痛は専門家の医師による診察を受ける必要がある。